【大人買い】アークテリクス ガンマSLフーディー

キャンプを始めるにあたって、一番初めに購入した記念すべきキャンプウェアが「アークテリクス ガンマSLフーディー(Gamma SL Hoody)」。前回のブログでもご案内した通り、ファミリーキャンパーにとっては、ややオーバースペックかもしれませんが、伸縮性や撥水性能、機能性を考えて、少し高いウェアを購入しました。

アークテリクスについては以下の記事で簡単に紹介してますのでご覧ください。

また改めてアークテリクスのラインナップやカテゴリーについて、まとめ記事を書きたいと思っています。

目次

初キャンプウェア

3月初旬の初キャンプ、九州なので平年の気温は昼は20度を超え、夜は10度ぐらい。キャンプ場は少し高地にあるので、もう少し寒いことを想定して、アウターウェアとして、アークテリクスのソフトシェル「ガンマSLフーディー」を購入しました。アークテリクスの数あるラインナップの中で、なぜ「ガンマSLフーディー」を選んだのか

  • これから季節が暖かくなっていく
  • 一年を通して着る機会が多い
  • 2021年春夏モデルの新色「Fortune」が発売された
  • ソフトシェルのため軽量モデルで動きやすい

万年ユニクロで服装をまとめていたのが、キャンプをすることになって突然、高い洋服に手を出すと根っからの貧乏性が発揮され、できるだけ1枚の洋服を着回して、出費を抑えたいという衝動にかられることに。その中で発売されて間もなく、新色「Fortune」が出たばかりのタイミングでおそらく一年の気候を通して一番出番が多い可能性の高い「ガンマSLフーディー」を選びました。

アークテリクスのサイズ感

アークテリクスのサイズ感については色んな記事でも見かけますが、おそらくネットショップ全盛の時代に購入を検討している方の多くの人が気になっていると思います。モデルが外国人だと写真などで普通にMサイズやLサイズなどを着用している例がたくさんありますが、まず、普通に着るなら日本人でMサイズ以上はなかなか居ないと思います。

普段の洋服より最低ワンサイズダウン

アークテリクスはカナダのブランドなので、当たり前ですがサイズも外国人向けに作られています。外国の方は日本人に比べ背丈も高く、足や手も長いです。そのため、アークテリクスのサイズは、日本のブランドで普段着ている洋服より、最低ワンサイズは小さいものを選ぶといいと思います。最低と記載したのは、すこしタイトに着るなら、ツーサイズダウンでも丁度いいぐらいだからです。普段着ている洋服のサイズと同じサイズを着るなら、かなりのオーバーサイズになると思った方がいいと思います。

試着するため実店舗(石井スポーツさん)へ

ネットで色々とサイズを調べても、やはり不安で試着したいと思ってしまうもの。ネットで購入してサイズが合わなかったら、高価な買い物が無駄になる。そこで、試着するために展示している店舗を探すことに。

福岡県でもTHE NORTH FACEと違って、アークテリクス自体を展示しているお店って意外と少なく、あってもほんの少しのモデルだけというお店も結構あります。そのため、アークテリクスの商品をたくさん展示している店舗をネットでリサーチすると、博多のヨドバシカメラ内にある石井スポーツさんがヒットしました。

石井スポーツさんはというと、ヨドバシカメラのグループ会社でアウトドア用品を豊富に揃え、ヨドバシ.com(ヨドバシカメラのネット通販サイト)にある在庫に関しても、全国の石井スポーツさんから、取り寄せが可能で、その際の店舗間移動の送料も無料というサービスを展開しています。実店舗にない商品も全国の石井スポーツさんの在庫(ヨドバシ.com)があれば、無料で取り寄せすることができるので、ネット通販に近い形で実店舗があるというオムニチャンネル化が進んだお店になります。

またスノーピーク製品も扱っており、購入時には10%のヨドバシポイントが還元され、さらにスノーピークの会員ポイントも還元されるというダブルでお得なポイント還元もあります。

スノーピークの会員ポイントは、実店舗での購入でしかポイント還元が受けれず、ネット通販でスノーピーク製品を購入しても、ポイントは還元はされません。しかしヨドバシ.comにあるスノーピーク製品であれば、近くの石井スポーツに取り寄せてもらい、実店舗で受け取ればヨドバシポイントの10%還元と別に、スノーピークの会員ポイントも還元されるのでお得です。

そんなこんなで、他のアウトドア用品も見れると思い、ウキウキ気分で実際に試着しに実店舗へ足を運んでみました。

試着をしてみた感想

ガンマSLフーディーはトリムフィットになり、すこし細めのシルエットラインになります。

私の基本体型

  • 身長172cm、体重72kg
  • 肩幅も身長の割には広い
  • サーフィンをしていたこともあり胸囲は大きめ
  • 最近ダイエット中だが、お腹はすこしポッコリ出ている

私の普段の服装は基本「L」サイズ

いわゆる中年のド真ん中の体型ですが、普段の洋服は、アウターLサイズ。ユニクロでもLサイズで、Mサイズはびよーんと伸びてしまうので、インナーのヒートテックでもほとんど選ばないです。Lサイズでも大きめに着ているというより、ジャストサイズからほんの少しゆったりめに着ている程度で、そこまでぶかぶかとB-BOYのように着ている訳ではありません。

一般的な172cmの人に比べれば、すこし大きい体型だと自分では思います。

Mサイズを着用してみた

そんな私が、アークテリクスのガンマSLフーディーを着用すると、Mサイズでは、ほどよくオーバーサイズになります。ほどよくという表現が我ながら絶妙で、Mサイズは着丈が長くなり、お尻が結構隠れてしまう感じになります。裄丈はまっすぐすると手が8割ぐらい隠れてしまうぐらいの長さになります。かといって、着ていて変かと言われれば、私ぐらいの体型の場合は、そこまで気にならない程度です。もし、細身の身長172cmの人であれば、Mサイズでもかなりオーバーサイズになると思います。

普段の洋服がLサイズであることを考えるとワンサイズダウンのMサイズでジャストサイズより、少しゆったりめになるので、前述した最低ワンサイズダウンというのは、あながち間違っていない表現だったかなと思います。

Sサイズを着用してみた

MサイズとSサイズを試着して、着丈、裄丈がほぼジャストサイズになったのは「S」サイズでした。前述した通りガンマSLフーディーはトリムフィットになります。トリムフィットとは詳細は改めて別の記事に書くとして、アークテリクスとしては2番目に細身のシルエットラインになります。

私は身長172cmにしては、やや大きめの体型と記載しましたが、それでもトリムフィットのガンマSLフーディー「Sサイズ」は、ジャストサイズになりました。普段、MLサイズなどを着られる方は、XSサイズも選択肢にあっていいと思います。

Lサイズは試着すらしていない

もし私が普段の洋服と同じLサイズを着るなら、間違いなくオーバーサイズになるため、試着もしていません。

結果、購入したサイズは?

ガンマSLフーディーの「S」サイズ

試着してほどよくオーバーサイズだったMサイズではなく、なぜ、普段よりツーサイズダウンで、ほぼジャストサイズのSサイズを購入したかというと、ガンマSLフーディーはソフトシェルになり、軽量モデルになります。またアウターレイヤーとしてもメインで使用できますが、少し寒くなればトリムフィットの特徴を活かし、ミドルレイヤーとしても使えると思い、Sサイズでカラーは新色「Fortune」を購入しました。

私自身かなりの寒がりなので、今後数多くのキャンプを経験して冬キャンプなどに挑戦することがあったとしたら、もう少し防寒防風性能のあるアークテリクスのアウターレイヤーを購入しなければいけません。その時に、今回のガンマSLフーディーと一緒にレイヤリングできれば、他のミドルレイヤーを買わなくてすむなぁとまた貧乏性が出て、Sサイズの購入に踏み切りました。

レイヤリングについては改めて詳しい記事をアップしますが、以下の記事でも少し触れています。

初おろし

元々、私はかなりの寒がりなので、ユニクロレイヤー(?)でも、秋口から冬にかけては最低4枚は着ます。また気温が0度近くまで下がるなら、必ず5枚は着ています。たまに6枚の時も。それぐらい寒がりなので、今回、家から出るときは気温も18度近くまで上がっていたのですが、念のため、ガンマSLフーディーをアウターウェアとして持っていきました。

ユニクロレイヤー:全てユニクロで何枚も重ね着すること(私が作った造語ですw)

着用感

アウターレイヤーには今回購入したガンマSLフーディーの「S」サイズを着用しています。中に大きめのパーカーを着ても、そこまでパツパツ感も出ません。着丈、裄丈についてもジャストサイズです。

恥ずかしながら、靴下が若干の穴が空く寸前のようで、この写真の時はキャンプから帰ってきたばかりだったので、初キャンプ、それだけ動いたということにしておきます。

本日のレイヤリング

階層レイヤリングブランド商品名
レイヤー3アウターレイヤーアークテリクスガンマSLフーディー
レイヤー2ミドルレイヤーグローバルワークスウェードライクスウェットパーカー
レイヤー1インナーレイヤーグランドシートヒートテックウルトラウォーム(長袖・超極暖)

高価なウェアはアークテリクスのアウターレイヤーだけ、初キャンプなのでそんなものです。そして、ユニクロからもまだ抜け出せていません。(笑)

キャンプ当日の気温

実際のキャンプ当日は平地でも平年より気温が低く、最低気温が5度前後まで下がってました。キャンプデビューとなった「歌瀬キャンプ場」は標高600メートルと高地にあるため、初キャンプなのに夜はドドン。

もはや、冬キャンプ!!(笑)

寒さへの適応力

今回は3月初旬の初キャンプということもあり、キャンプ前の一週間は温暖な気候が続いていたので、嫁さんもインナーとパーカー1枚で、娘たちも薄着で余裕こいていたので、ガンマSLフーディ―は持っていかない予定でした。それでも、せっかく買ったので、、車で家から出発する直前に持っていくだけ持っていこうと思い、ついでに娘たちのフリースも念のため持って出かけました。そのため、初キャンプのレイヤリングにしては多少、着込み過ぎかなと思ってました。

嫁さんも子供たちも、ここまで夜、冷え込むとは思ってもいなくて、夜からはテント内の石油コンロ「タグート」の前にしがみついていました。

私は昼からずっと動いていたからか、いつもよりマイナス2枚(普段5枚ぐらい着ているので)の薄着でしたが、夜深くなるまで全く寒くなりませんでした。夜に焚火をしてても丁度いいぐらいで、嫁さんと同じパーカーを着ていて、ガンマSLフーディーを1枚多く羽織ってだけだったので、こうも違うかと思いました。

さすがに夜中にトイレで起きた時は、氷点下になっていたので、その時はこのレイヤリングでも身体を丸めて寒いと感じましたが、このコンディションでなかなかいい仕事をしてくれたなと思います。

ちなみに嫁と娘ふたりは薄着だったからか、ガンマSLフーディーを着ていなかったからか、キャンプの醍醐味、焚火タイムも寒い寒いと言ってすぐにテント内に戻っていき、結果、私は一人で焚火して一人で星をみるはめに…

撥水性能

撥水性能の高いウェアはキャンプにとっては非常に大事です。日常生活と違い、キャンプでは普段やらないようなこともやったりします。洗い物や、料理を作ったり、急な雨の中での片付けや、ビールをこぼしたりなど、服が濡れるようなことは普通によくあります。ファミリーキャンプであらかじめ天気予報がいい時などは、レインウェアほど、がっつりした防水性能のウェアを用意する必要はありませんが、ほどほどに濡れてもすぐ乾く、もしくは撥水してくれれば、寒さ対策にもなりますし、服が濡れるのを気にすることも減り、気にせず動くこともできます。

その点を考えれば、ガンマSLフーディーは十分ほどの撥水性能を持っています。何かあればフードをかぶることも出来ます。

ガンマSLフーディーのカラーラインナップ(2021年春夏モデル)

2021年のNEWカラーは私も購入した「Fortune」です。

Black
Pagasus
Fortune
Labyrinth

まとめ

  • ガンマSLフーディーは普段の洋服のサイズより、最低ワンサイズダウン
  • 細めで着るならツーサイズダウンでもジャストフィットする
  • 春や秋のキャンプでも冷えた時に備えて持っておくと便利
  • ソフトシェルで軽量化モデルなので年中出番がある
  • アウターレイヤーとしてもミドルレイヤーとしても使えるトリムフィット
  • ファミリーキャンプでは十分な高い撥水性能

結果、高価ではありましたが、ガンマSLフーディーは買って良かったと思います。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる