【大人買い】スノーピーク「フィールドファン(MKT-102)」を購入してみた

我が家のファミリーキャンプに関するギアを紹介するこのブログ。今回、夏に向けて扇風機が必要と思い、コンパクト、収納性、携行性などを考慮しながら色々と商品を探していたのですが、たまたまいつも行くアウトドアショップで再入荷と銘打って積んであったのが、我らがスノーピーク「フィールドファン(MKT-102)」

スノーピークの店員さんが常駐しているアウトドアショップなので、フィールドファンの風力や静粛性が気になって聞いてみると、その場で箱から取り出して、電源をつけて実践していただきました。もはや、そこまでしてもらったら、買うしかない(笑)

目次

フィールドファン(MKT-102)の概要

思ったよりも静かで、風力もしっかりとあったので、コンパクトな扇風機としては機能性も高いなと思い、さっそく購入してきました。

フィールドファン(MKT-102) 10,890円
項目内容
電圧AC100V 50/60Hz
電源AC電源とバッテリー(別売)
重量1.3kg
最大風速180m/分
機能冬はサーキュレーターとして使用可能
連続使用時間約9時間40分
オフタイマー1h/2h/4h
首振り機能左右45°
運転スイッチ強/中/弱モード

こちらの商品は電動工具メーカーでもあるマキタ(MAKITA)の「CF102DZ」という商品が、大元の商品になり、スノーピークがマキタにOEM生産を依頼し、スノーピークのカラーに仕上げて製品化されたモデルになります。

フィールドファン(MKT-102)の付属品

フィールドファン(MKT-102)の付属品は本体、AC電源アダプタ、説明書とシンプルです。

別売りバッテリーの搭載場所

本体の後ろ側に別売りのバッテリーを搭載する場所があります。このバッテリーを搭載すると電源がない場所でも利用できます。

この別売りのリチウムイオンバッテリーは、本体の価格より高いです。この製品にしか対応しないモバイルバッテリーになるため、このバッテリーを購入するよりはポータブル電源を購入した方が使い勝手がいいかもしれません。

可動式フック

フィールドファンには後ろ側に可動式フックがついています。これを上下にすることで、テントの天井などに引っ掛けることができ、サーキュレーターとしても活用できます。

フィールドファン(MKT-102)の機能

使用方法は簡単で、前面にボタンがあります。ACアダプタ、もしくは別売りのモバイルバッテリーを搭載してから、使用しましょう。

電源ボタン風力調整オフタイマー(1時間単位)首振りON/ OFF

フィールドファン(MKT-102)の実力(動画有り)

夜中に静かな部屋の中でフィールドファンの電源を入れてみました。風の音や風力など参考になればと思います。

これを買ってふと気づいたこと

フィールドファンがあれば夏は扇風機、冬場はサーキュレーターとしても使用できるので、以前のブログで詳しく書いた「エコファン ウルトラエラー」は要らないと思ってきました。基本、冬のオートキャンプは電源サイトを利用することが多いので、モバイルバッテリーがなくても、このフィールドファンだけで、事足りるかなと。

そのため、こちらの商品とはサヨナラすることにしました。

エコファン ウルトラエラー800JP

アウトドアギアは新しいものを買えば、昔のギアは淘汰されていくもの。今は便利な時代でメルカリやヤフオクなどもあり、リセールできる環境が整っていて、キャンパーにとっては嬉しい限りですね。

フィールドファンの購入を検討している方は参考にしてみてください。

このブログでは、素人キャンパーの目線から私が色々と調べるのに苦労したことまで、細かく説明しているため、いつもかなり長い記事になってしまいます。そのため、読むのに時間がかかる人も多くいると思います。今回は一つのギアに絞って、簡単に書いてみました。まだまだアップできていないギアも山ほどあるので、今後は今回のような形で、もう少し、こまめにアップしていけたらと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる