【完全メソッド】ペトロマックスhk500のクリーニングニードルを交換してみる

我が家のメインランタンであるペトロマックスhk500、2回のキャンプで合計4回、使用してみたので、念のために一度、分解してメンテナンスをしてみました。今回は初めてペトロマックスhk500をメンテナンスしてみた時の様子を書いていきます。

目次

ペトロマックスhk500の過去記事

ペトロマックスhk500について過去に様々な記事を書いてますので、興味があるタイトルがあればぜひ、ご覧ください。

【大人買い】キャンプの照明ギアと我が家のメインランタン選び

【完全メソッド】ペトロマックス hk500を事前準備してみた

【完全メソッド】じゃじゃ馬「ペトロマックス hk500」の使用方法を取扱説明書より丁寧に書いてみた

【完全メソッド】ペトロマックス hk500を消火する時の注意点

ペトロマックス hk500のヘッドカバー及びインナーチムニーを外す

まずペトロマックスhk500のヘッドカバーを外し、インナーチムニーを外します。外し方の詳細などは上述した事前準備のブログに詳しく記載していますので、そちらをご確認ください。

グリップホイールが下を向いている事を確認
ヘッドカバーのネジを外す
ヘッドカバーを外す
インナーチムニーを外す
マントルを破らないように気を付けます
クリーニングニードルの針が出ていないことを確認します。

グリップニードルは移動中、片付け時などは下に向けた状態にしておくことで、クリーニングニードルの針が曲がったりすることを防ぎます。

クリーニングニードルの針の状態を確認

この状態で、グリップホイールの矢印を上に向けます。正常な状態であれば、クリーニングニードルの針が出てきます。

グリップホイールの矢印を上に向けます
クリーニングニードルの針が出ていません

クリーニングニードルの針が出ていないため、この状態ではペトロマックスhk500が炎上する可能性が出てきます。

ニップルを外してクリーニングニードルの針の状態を確認

付属してある専用のスパナでニップル(六角形のナット)を外します。通常のネジなどと同様、左回しで緩めます。

専用のスパナでニップルを外すと、クリーニングニードルの針の状態が確認できます。

クリーニングニードルの針が曲がっているため、ニップルの小さな穴から針が出てこない状態になっています。合計4回しか使用していないのですが、初めの方は使い勝手が分からず、何度もグリップホイールを回したりしていたのが原因かもしれません。

この状態だとニップルの穴に煤が詰まって気化した灯油が空気と混ざり合わずに炎上する可能性もあるので、新品の針に交換します。

私が購入したセット(並行輸入品のペトロマックスhk500セット)では、クリーニングニードルの針とニップルは1個だけ交換用が付属されていました。ない場合はAmazonや楽天ショップなどで販売されているので、事前にストックしておくようにしましょう。

ニードルキーでクリーニングニードルの針を交換する

これも最初に付属しているメンテナンス工具である「ニードルキー」を使って、クリーニングニードルを外します。通常のネジと同じで、左回しで外れます。

ニードルキーで、クリーニングニードルの針を外したら、新しいクリーニングニードルを交換します。ネジは通常通り右に回して締めこみます。

クリーニングニードルの針が真っすぐになったところで、念のためニップル本体の穴に煤が溜まっていないか、ニップルの底面に煤がついていないか確認します。煤が付いていれば、専用の工具の掃除針や、やすりなどで煤を綺麗に取ります。

グリップホイールの矢印を下にしてから、ニップルを取り付けます

クリーニングニードルの針の交換が終わったら、ニップルを取り付ける前にグリップホイールの矢印を下に向けます。

グリップホイールの矢印を上に向けたまま、ニップルを取り付けると、クリーニングニードルの針をまた曲げてしまう可能性があります。そのため、必ずニップルを取り付ける前にグリップホイールの矢印を下に向けましょう。

ニップルの取付はクリーニングニードルの針に干渉しないよう手である程度回してから、専用スパナで増し締めします。

クリーニングニードルの針がニップルから出ることを確認します。

あとは事前準備と同じようにグリップホイールの矢印を上に向けると、交換したクリーニングニードルの針がニップルの穴から上に出てくるのを確認します。

¥600 (2021/07/05 00:48時点 | Amazon調べ)

インナーチムニーとヘッドカバーを元に戻して終了

あとはグリップホイールの向きを下に戻してから、インナーチムニー、ヘッドカバーを元に戻して、取っ手をとりつけたら、今回のメンテナンスは終了です。

今回はクリーニングニードルの針のメンテナンス方法について案内しました。じゃじゃ馬ペトロマックスhk500の使い方も慣れてきたので、正しい使い方でこの針がどれくらい持つかは、また改めて記事にしていきたいと思います。その時はもう少し、分解してからのメンテナンスも一緒に案内できればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる